トップ > 社員インタビュー > 06 パタンナー

interview

  • 01 販売スタッフ
  • 02 販売スタッフ
  • 03 営業
  • 04 MD
  • 05 デザイナー
  • 06 パタンナー
  • 07 一般事務
  • 08 SE

「田中さんがそう考えるなら大丈夫」そう信頼してもらえるパタンナーになる。

パタンナー
田中 沙緒理 / Saori Tanaka
2015年入社

一目惚れしたブランドに命を吹き込む仕事。自分が働く姿をイメージするだけで気持ちが高ぶった。

就職活動で店舗見学に行った際に、一目惚れした子供服ブランドが“SLAP SLIP”でした。刺繍やプリントが本当にかわいくて、大人用のサイズがあれば自分が着たいと思う服がたくさん。子供服をじっくりと見たのは初めてでしたが、その時から子供服をつくりたいと思うようになり入社しました。パタンナーとは、デザイナーがデザインした服のパターンをCADで引く仕事です。服づくりを勉強していく中で、私は服を考えるよりも実現することに面白みを感じていました。イメージとして描かれた平面のデザインを、立体にして命を吹き込めるのが仕事の醍醐味です。会社の雰囲気はとても明るく、新人の私にも任せてくれるのでモチベーションも高まります。ジャヴァグループに入社して本当によかったと感じています。

専門学校で学んだ知識とは異なる服づくり。今の目標は、とにかく知識を増やすこと。

子供服は大人の服とは異なり、安全を第一に考える必要があります。動きやすく、着心地のよいシルエットを実現する必要がありますし、ファスナーやホックも問題なく付いているように思えても検針機でNGが出ることもあります。専門学校で学んでいた服づくりとは異なる視点も多く、新たに知識を身につけているので毎日考えることや、覚えることが沢山あります。業務毎に内容を確認するチェックシートが用意されているので、それを残すノートを作りました。上司に指摘されたことをメモに書き、見直すことで何度も同じミスをしないように心がけています。「一人前になれたら、もっと服づくりが好きになれる。」そう自分に言い聞かせ、今は学ぶことに集中しています。将来的に信頼されるパタンナーになるために頑張ります。

ジャヴァグループで働く魅力とは?
田中さんからの動画メッセージを見てみよう。

どんな学生生活を過ごしましたか?

映画と音楽が好きで、学生時代のアルバイト先はレンタルビデオショップ。ものづくりが得意なので、手描きポップの制作も担当していました。映画の世界観から服のインスピレーションを受けることも多く、いつか近未来的な服を作ってみたいと考えています。